これから始めるSEOとモバイルフレンドリー

必須事項である

Googleがモバイルフレンドリーをアルゴリズムに(算法という意味ですがITの世界でいえば例えばGoogleが検索結果のランキング付のための計算方式に利用している)モバイルフレンドリーを取り入れたことで一躍、注目されました。
この先、モバイルフレンドリー化する事がサイト運営において必須事項といわれています。
まずはモバイルフレンドリーを詳しく理解し、これから何をしていけばいいのか考えていくことが重要でしょう。

スマホユーザー激増で進んだモバイルフレンドリー

パソコンやスマートフォン、タブレットなど今インターネットを閲覧する媒体はさまざまです。
パソコンでよく見ていたサイトをスマホで見てみたら、パソコン仕様のページのまま表示されたので文字が小さく、また画面のはじからはじまで見るのにスワイプして移動しなければならないなど面倒なことが多かったのです。

しかし今は、スマホであろうがタブレットであろうが、パソコンで見る時と同じように見やすく、スマホやタブレットにあった構成となっているサイトが多くなっています。
つまり、スマイルフレンドリーというのはスマホやタブレット対応にする、最適化を行うという事です。

スマイルフレンドリー化する事でテキストが小さくなったり、ボタンが見えなかったり、アイコンがどこにあるのかわからないなどの視覚的ストレスが無くなるのです。
スマホを利用する人が急増し、今は多くの方がスマホを便利に利用しインターネット検索を行うようになったため、Googleもスマホ対応をアルゴリズムに入れざるを得なくなったという事でしょう。

モバイルフレンドリー対応になっていない場合、スマホ未対応のサイトという事で、モバイルユーザビリティ上に問題ありという事で、ウェブマスターツールに通知が来るのですが、これは、検索上、スマホ未対応とみなされ、Googleではランキング上位に検索されることが無くなるという意味です。
SEO対策としても早急に対応が求められます。

モバイルフレンドリーテストを利用しよう

Googleがサービスとして展開しているモバイルフレンドリーテストを受けると、運営サイトがスマホ適用となっているのかどうか一目でわかります。
また詳細を見ると、何が適していないのか詳しく表示されるので、最適化に役立ちます。
モバイルフレンドリーテストの結果に問題がなければ「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。」と表示されます。

スマホ対応には3つの方法があります

スマイルフレンドリーに沿ったサイトにする、つまりスマホへの最適化を行うためには、レスポンシブウエブデザインを利用するといったことがあります。
また媒体ごとに別々のURLを設定する、さらにHTMLをCSSで振り分けるという方法があります。
面倒がないのはレスポンシブデザインを利用するという事になりますが、サイトの運営の仕方などによってどのタイプが合うか、しっかり比較検討しスマホ対応にしておくことが求められます。