今さら聞けないSEOの基礎知識

SEO、よく聞くけれど実はよくわからないという人は多い

自社でホームページを公開し、情報を伝えたり商品を販売したり、効果的に利用したいと思っている人も多いでしょう。
沢山のユーザーにホームページをみてほしい、商品を知ってほしいと考える時、重要になってくるのがSEOです。

ネットの利用、また企業がサイトを作る時などによく出てくる言葉「SEO」ですが、本来このSEOとはどういう事を言うのかわかっていない人の方が多いようです。
何となくわかるけれど、実際のところ、深い意味が分からないという人もいます。
しかしSEOを理解しておくことはサイトPVを増加させるために重要な事です。

SEOの基礎知識を理解しなければ活かすこともできない

SEOの意味を知りたいとネットで調べてみると、必ず検索エンジンの最適化と出てきます。
勿論この説明で正解なのですが、検索エンジンの最適化という言葉を聞いて、ふーんなるほど、そういう事か!と全て納得できるという方は少ないでしょう。

検索エンジンが見やすくユーザーが何度も訪れるような形にするために、サイトの構成を変える、見やすいページにデザインするなど、編集したり時には一新するといったことを行うのが検索エンジンの最適化です。

検索エンジンの裏では、情報収集のための専用ロボットと呼ばれるクローラーが常に動いて情報を集めています。
今ユーザーがみているページがユーザーにとって有益と感じるページなのか、文字情報、サイトの構成、ページの表示速度・・・こうした情報から有益かどうか判断します。

この情報はSEOを意識したサイト、コンテンツ作りに多いに役だつものとなりますので、SEOでは、最適化の際にこうした情報を利用するのです。

検索エンジンからはじまったSEO

インターネットが企業等に浸透しやがて一般住宅でも設置が始まったころ、当時はホームページの登録なども主導で行うしかありませんでした。
しかしどんどんホームページの数が増えてきて、手動ではどうにも追いつかなくなっていったのです。

そこで、主導ではなく自動登録に切り替えられました。
すると登録される検索エンジンが一気に増加し、ホームページ、インターネット利用の利便性が世間一般に広く知らされると電子商取引もどんどん多くなり、そのことによって検索エンジン上位に表示されることの重要性が注目されるようになりました。

SEOはネット利用で商売をする人、また情報を提供したい人にとってサイトの最適化が重要な要素になるという事から誕生したのです。

以前は検索数が多いビッグキーワードを利用し検索エンジンの上位表示を狙っていましたが、現代ではビッグキーワードも大切な要素だけれど、その他の要素も取り入れる事が必要になってきています。

音声認識の機能もより向上しこれを利用するユーザーが多くなっていることで、音声検索という事も深く考えなければなりません。
ただSEOで最も重要な事は、音声機能が向上してもビッグキーワードにプラス要素が必要になった時代であっても変わらない重要ポイントがあります。

それは、ユーザーが欲しい情報を確実にわかりやすく伝えてくれるコンテンツこそ、ユーザーが魅力あるコンテンツと評価するという事です。
これを根本において、その上でどのようなSEOが必要なのか、しっかりと考えていく必要があります。

SEOはつまりWEBサイトの最適化には終わりがありません。
検索エンジンは日々進化していますし、ユーザーがWEBサイトに求めるものも変わってくるからです。
そのため、SEOの勉強も継続的にする必要があります。
たとえばSEO情報をまとめているGoogleウェブマスター向けブログSEO管理ツールを知ろう!のようなSEO担当向けのサイト、
Twitterなどをチェックし、情報収集をしましょう。