取っておきたい!IT資格一覧

IT系の資格が多くなっている中で考えたい重要な資格

IT系の仕事、資格等非常に多くなっている現代、特にエンジニアとして働く人、これからエンジニアとして働きたいと思っている人は、資格取得を考えていると思います。
エンジニアの資格は本当に数が多く、技術レベルによっても同じ資格で級が細かく分けられていることもありますし、資格が細かく分かれていることも少なくありません。

様々な資格がある中で、これから自分がどの資格を取得していけばいいのか、他のエンジニアたちはどのような資格取得を考えているのか知りたいという人も多いです。
エンジニアといっても分野が分れていますので、各分野でそれぞれ取得されていることが多い資格を理解しましょう。

IT系のエンジニアに向けてオススメの資格

IT初心者、また実践で利用した経験が少ないという人は、最初に基本情報技術者試験を取得しておくことが求められます。
この資格はITエンジニアとして最初に取得しておきたい必須資格です。

システム開発、情報処理に携わる者として基礎的な資格となりますし、この資格を保有していることでシステム開発の基礎的な知識を持っている証明となります。

経験をある程度積んできた、実績があるという方は基本情報技術者試験の上位レベルとなる、応用情報技術者試験があります。
高度なIT知識を持っていること、その知識を応用できることが証明されます。

ネットワーク系の資格としてCCNA/CCNPがありますが、この資格はネットワーク系の資格の中でもっとも有名で難易度も高い資格といわれています。
しかしこれらの資格を保有していることで、ネットワークについて高度な知識を持っていることが証明されますので、チャレンジしてみる価値は十分高い資格です。

LPICとITTLは世界で利用できる共通資格

NPO法人Linux技術者認定機関「LPI」が行っているLPICは、全世界共通であり最大規模のLinux技術者認定資格です。
Linuxを利用している企業は増加傾向にあり、その企業に雇用されたいと思うエンジニアはLPICを取得することが必須といわれています。

またITTL「Information Technology Infrastructure Library」はIT運用のガイドラインであり、イギリス政府が定めたガイドラインです。
このガイドラインの知識を専門的に持っているという事を認定するITTLの資格を保有していることで、ITサービスマネジメント分野に精通する知識、技術を持っているとみなされます。

サーバ管理者、インフラ系のエンジニアとして将来活躍したいという方、海外でIT系職業で活躍したいと思っている方にとって、有利になる資格です。
こうしたLPICやITTLなどの資格は世界共通資格となるものなので、エンジニアとして働くことを考えた時、スキルを証明する資格となりますので、取得しておくことで転職や就職にも大いに役立つ資格となります。