この様な考えは今すぐ捨てよう!仕事が出来ない人になる考え方

日本の中の雇用は激変しています

能力給を採用したり、不景気の中リストラを行ったり、年功序列ではなく本当に能力がある人を格上げする等、日本の雇用は昔とだいぶ違うものとなってきました。
昭和の時代、雇用形態は終身雇用が当然で、バブルの絶頂期には今よりもずっといい雇用条件なのに、さらに高給を目指し転職するもの容易な時代でした。
仕事があふれていたのです。

いつしかバブルが一気に崩壊、終身雇用なんて言葉を聞かなくなり、需要と共有は見事にひっくり返りました。
仕事が得られない状態となり、各企業は多くの人材を抱え紛糾してしまったのです。
そこでリストラが始まり、バブル時代には正社員になって自由を奪われたくないといっていたフリーターがあわてて仕事を探しても、何もない状態なんていう時代が続きました。
すでに雇用の安定は存在しないのです。

雇用の安定イコール「悪」なのか

どん底のなべ底景気から脱したといわれる日本ですが、いまだ中小企業の中には不況から脱せずにいる企業も少なくありません。
すでに雇用は安定せず、終身雇用の日本ではなくなっているのですから、就活する学生の意識も大きく変わりました。

以前は自分が持っている能力を活かせるところで、いきいきと働きたいという学生が多く、就職希望先も、証券会社、銀行、大手電機メーカーなどが多かったのです。
公務員などに目もくれず、大手民間企業に入る事が目標としていた学生がほとんどでした。

しかし今はどうなのかというと、なるべくいい大学に入り、安定した就職先に雇用されることが一番、イコール、公務員系です。
警察、消防、自衛隊などの公務員の試験に多くの学生が列挙するなんて誰が想像したでしょう。
公務員だけが終身雇用、年功序列を守る事が出来る安定の職場ともいえるのです。

安定だけを求めると出来ない人になる

今の若い人たちを見ていると、何事においても深く考えすぎてしまうという傾向がみられるなと感じます。
どんな職業でも、どんなにいい会社でも、リスク、デメリットがあります。
楽に楽しくメリットが高く、リスクも全くない企業、仕事などこの世に存在しないからです。

この企業はこっちの面がよくないらしい、こっちの企業は魅力的だけど僕はスキルがない・・・・あれこれ悩み続けている割には資格を取得するとか、実際働く人たちの情報を集めてみるなどの行動が出来ません。
安定という事を考えすぎるあまり、様々なリスクが降りかかる事を考えすぎてしまう傾向にあるのです。

完璧な人などいない

何でも完璧にこなすことが出来なければ、いずれリストラ対象となるとでも思っているのか、仲間、同僚に頼る事なく、一人で完璧を目指す人がいます。
企業内で必死に働き、自分こそエリートと考えていますが、そんなに猛烈に作業していても継続できるはずがありません。

いつか疲れて、それでも同僚が手を差し伸べようとすると、昇進を横取りするのか?といわんばかりにかたくなになります。
こういう利己的な考え方は、仲間も後輩も離れていきますし、上司もあきれて未来のエリート候補生に入れることはありません。

完璧を追求しようとすると出来ないこともできるといってみたり、絶対に時間的に不可能でも、俺なら大丈夫と大風呂敷を広げ、結局取引先に迷惑をかける事態になってしまう事も多いです。
誰かのせいにしたりかたくなに自分の仕事を囲ったり、コミュニケーション能力のかけらもない行動は、絶対によくありません。

確かに今は仕事という面でとても苦労が多いかもしれません。
でも仕事ができない人にならないためには、柔軟に臨機応変に動く能力が必要です。
そのためには、たくさんの人と会話する機会を持ち、様々な業務に関わり、少しずつ自分を広げていけばいいのではないでしょうか。