仕事を楽しむ秘訣

仕事を楽しめること、それが企業の発展につながるということ

好きな仕事が出来ている人がうらやましい、希望する職種に就けている人はラッキーだ・・・と感じる人は非常に多いです。
就職活動の中で希望する職種に就職できた人、念願だった企業に就職できた人、だったら仕事も楽しいだろうし、気持よくできるだろう、そう思っている人も少なくありません。

でも希望する職種に就職できなかった人でも、希望とは別の企業に就職した人でも、仕事に生きがいをもって毎日充実したビジネスライフを送っている方もいます。
ポジティブに楽しく仕事をするための要素を理解しているからです。

では楽しく仕事をしていくために何が必要なのか、自分の気持ちにスイッチをパチッと入れてくれる言葉をここで皆さんに伝えたいと思います。

ポジティブになる言葉・・・たくさんあります

「好きを仕事にせず 仕事を好きになる」趣味というと好きな物だから楽しめると考えますが、仕事となると楽しめるものではなく、生活のために働くという要素が出てくるので、どうしても楽しめなくなります。

でも仕事へ積極的にかかわり主軸になろうと頑張る事で、仕事を好きになってくることもあります。
こんな仕事は向いていないと思わずに、自分にこんな可能性があったのかと思えるようになると、仕事を好きになる事が出来るのです。

「やりたいことなんて 最初はわからない」実際にこれがやりたいと思って働いてみても、「実際には全く違った」と思う方もいます。
やりたいことだと思っていたのにいざやってみると違っていたという事です。

やりたいこと、というのはやってみてはじめて自分にあっているかどうかわかるもので、最初からやりたいことを探すのではなく、なんでもいいからチャレンジしてみる、という事が大切だと教えてくれています。

学べるって素晴らしいと思うこと

「お金を払ってでも 働きたい会社で働く」若い世代の方々は何でも吸収できる時期なのですから、吸収させてくれることが多い会社は魅力ある会社と捉える事が出来ます。
学ぶことがほとんどない仕事というのはやる気も起りませんが、こんなに知らないことがあったんだと思える会社にいると、もっともっと仕事できるようになりたいと考えます。

給与で働く場所を選ぶ、という人が多いのですが、その先に学びがなければ仕事が「つまらない」と思うようになります。

仕事を選ぶときにこそ、この会社に入って自分が吸収できるものがあるのかどうか、それを確認して雇用先を選ぶようにします。
学べることが多い企業の方がより向上心も生まれ、この先もっと自分を延ばせることが分れば、仕事も楽しくなります。

現代の働く現場で生きていくために必要な言葉

昔は努力する姿や根性があるということで、「彼は彼なりに不器用だけれど頑張った」と昇給があったかもしれないし、昇格したかもしれない、でも今は努力し尽くしても仕事の質が高く、結果がでなければ評価されないことも多くなっています。

現代は「努力の量ではなく 質が問われる社会を生きている」という事を忘れてはならないのです。
がむしゃらに努力し続けているのではなく、どのように努力すればいいかを理解し、必要な努力をすることが、現代求められているのです。

残業している人はたくさんの仕事をこなす人という評価は少なくなり、現代は質の高い仕事を短時間でこなせる人の方がより能力が高いと評価されることが多くなっています。
そのため、集中して質の高い仕事ができる人こそ評価の対象となりますし、そういう集中力を持っている人は仕事に夢中になれるほど楽しいと感じているのです。