知っておくべき著作権の知識

著作権について知っておきたいこと

著作権については個人でも法人でも、必ず少しは知っておくべきことです。
その知識を持っていないと裁判沙汰になる事もありますし、大きな問題へと発展していくことも考えられます。

特にWEBサイトを運営している方、法人などにとって、著作権の問題は理解しておくべき問題で、著作権を侵害する事がないように、また運営しているサイトが著作権の侵害にあっていないかどうかなども含めて、常にチェックしておくことが求められるのです。

ただこうした問題は非常に複雑な事で、法律が関わってくることなので理解が難しいと考える人もいます。
しかしきちんと理解しようと思えば理解出来る事ですし、基本的な事だけしっかりと知識を得ておけば、大きなトラブルに発展することもないでしょう。

著作者人格権とは

著作権というのは、画像にしても音楽にしても、著作者が保持している権利の一つです。
この権利については財産的な権利である著作権と、人格的な権利寺ウェディング著作者人格権の二つがあります。

このうち、IT等、ウェブに係わるWEB担当者、デザイナー等が気にしなければならない著作権としては、財産的な権利である著作権となります。
ただ二つの著作権を覚えておくことも大切な事なので、両方把握しておきましょう。

著作者人格権というのは、著作物を公表する際、その時期、形式、方法を決定できるという権利です。
公表権と氏名表示権、同一性保持権という分類があります。

未公開の著作物をいつどのような方法で公開するか決定、公開する権利が公表権、著作物の公開の際、直作者名の表示を行うかどうかを決める権利が指名表示権、著作者の意に反し著作物の変更等、改変を禁止する権利を同一性保持権といいます。

財産的な権利である著作権について

これは著作物の利用形態によって支分権の内容が決定しています。
他人に譲渡する、相続するということが可能な権利が、財産的権利のである著作権です。
様々な著作権の支分権があります。

著作物を公に見せる、聞かせるなどの目的で上映、演奏する権利が上映権及び演奏権です。
複製権は著作物を複製する権利、公衆送信権等は著作物を公衆送信する権利、公衆送信される著作物を受信装置で公に伝達する権利です。

この他にも口述権、展示権、頒布権、譲渡権、貸与件、翻訳権等があります。
こうした著作権についてある程度の理解をしておかないと、著作権侵害のトラブルに巻き込まれることもあります。

WEBサイトで費用を支払い制作したサイトであっても、著作権や著作権者人格権は制作側に帰属していることになるので、発注する際には、著作権の譲渡、利用許諾などをとるなどの措置が必要となります。

トラブルは時に裁判に発展し、大きな損害を生むことになるので事例などよく確認し、サイトに関係することないか、理解しておくことが重要です。