ノンデザイナー必見!センスあるデザインのコツ

「おっ!」と思わせるノンプロもいる

WEBデザイナーはクライアントの意向をしっかり聞く、儲けるサイト、集客できるサイトにするというプロとしての意識があるため、時に、ありきたりのデザインになりがちといわれます。
しかし最近は、しっかりデザインの勉強をコツコツ重ねてきたノンプロ、ノンデザイナーの中にも目を見張るデザインを作る方もいて、驚かされることがあります。
WEBデザイナーになるためには、いえ、WEBの世界じゃなくてもデザイア―と名のつくものになるためには、センスが絶対条件という人もいますが、デザインのコツ、基礎、応用などをしっかり押えることで、魅力あるデザインをノンデザイナーが作るという事だって可能です。

こだわりのない大胆なメリハリ

このくらいの大きさならインパクトがあるだろうと思っていても、人が見た時、あまりインパクトを感じないといわれることがあります。
人が見た時、どう感じるのだろうという客観的な気持ちを持って、メリハリのあるデザインを心がけていくと目を引くデザインとなります。

自分ではかなり大きなフォントを利用したのに、実際にWEB上のデザインとしてみてみたら、あれ?全く大きく感じないじゃないかと思う事もしばしばです。
実際に書き公開せずWEBの画面で見てみるという事を繰り返し、本当に大胆な構成、デザイン、文字の大きさ、カラーなどを考えてみるといいでしょう。

色は基本を押さえ2色から3色で

色の配力の基礎では、メイン、ベース、アクセントの三つのカラーを利用します。
これ以上色を利用してしまうと、どの色がメインなのか、統一を全く感じないバランスの悪い配色となってしまう事が多いので、特にノンデザイナーは、色を使いすぎないという事を心がけることが重要です。
配色に関して自信がないという方は、「色彩センスのいらない配色講座」など、非常にためになるサイトがありますので覗いてみるといいでしょう。

デザインを詰め込み過ぎない・文字の系統をそろえる

余白ぎりぎりまでデザインを活かす構成をする方がいますが、余白があるからこそ生きる構成もあります。
余りにも多くのデザインを欲張って入れてしまうと、何を目的に何を感じさせるためのデザインなのか全くわからなくなってしまう事もありますので、余白もデザインの一部と考えておくといいでしょう。

また利用する文字にばらつきがある方も多いのですが、それをデザインとして活かすにはWEBデザイナーでも苦労します。
そのため、フォントは統一性を持たせて、ゴシック系統ならゴシック系統で、明朝体なら明朝体系統でまとめていくと一貫性が出て見やすい美しいデザインとなります。
フォントの種類もカラーの種類も、基本は2つから3つと覚えておくとデザインしやすくなります。

書体や文字の並びに注意して

デザインが柔らかさがあるものなのか、それともとがったタイトル性のあるものなのかによって、書体を選ぶ必要もあります。
例えば若い女性向け、高校生に向けて発信するデザインなら、POPタイプの文字やフリーフォントなどにあるJK文字などを利用して可愛くふんわりしたイメージにすべきです。

女子高生向けという事なら、字が躍るように配置されていても可愛さやリズムが出ていいでしょう。
何がデザインのイメージになるのか、それによって書体や文字の位置などを考えていくとぐっと魅力あるデザインになります。