安全な情報セキュリティ対策

IT社会で知っておきたい情報セキュリティ

ビジネスの中でも、プライベートの中でも、ITを利用しないという事はほとんどないといっていいくらいに、現代はIT利用の場面が日常化しています。
メールにSNS、ブログなど、さまざまな利用がありますが、いずれも情報漏洩や改ざん、さらには個人情報を抜き取られて利用されるなどの被害も日常化しています。

もしも自社が運営しているWEBサイトなどに情報の漏えいがあった・・・という事になれば、当然、そのサイトを利用しようとする人はいなくなりますし、サービスの停止もい考えられます。
顧客への被害を補償するという事もあるのです。

こうしたIT社会になっている今、安全にWEBサイトを利用するために情報セキュリティの知識を付けておくこと、自社で検討することが求められます。

WEBサイトのセキュリティ対策にはどんなポイントがあるか

実際にWEBサイトを運営している企業や個人はどのようなセキュリティ対策を講じなければならないか、考えてみるとアプリケーションやサーバ、さらにルータなどのネットワーク機器についてセキュリティ対策が必要と考える事が出来ます。

まずWEBアプリケーションのセキュリティ対策ですが、公開しないほうがいいファイルなどを公開していないでしょうか。
公開するべきではないファイルについては、インターネットからアクセスできないような場所に保管しておくことが必要で不要なファイルは削除しておくことが求められます。

不要なページなどが公開されていると知らない間に脆弱性が高くなっていることがあります。
不要なページ、ウエブサイトが公開されていないかどうかを確認し必要ないものは削除します。

ソフトウエアの脆弱性対策についてはセキュリティソフトの定期更新等、しっかりと行っておくことで新しい脅威に備える事が出来ます。

エラーメッセージ等がある時、安易にエラーメッセージを返していると知らないうちにウエブサイトの設定情報等が漏洩していて、攻撃の対象となる事もあります。
エラーメッセージはほとんどが不要な物なので、返さないようにしておくことが重要です。

WEBサーバのセキュリティも考えること

OSやサーバ不ソフトウエアやミドルウエアをバージョンアップすることや、不要なサービスやアプリケーションが残っていることも脆弱性を高めることになります。

パスワードについてはある程度考えられたものでも解読されて個人情報を抜き取られるという事がありますので、憶測されにくいパスワードを作る事が重要です。
安易なパスワードでは現代、簡単に見破られてしまうので、複雑に組んでおくことが求められます。

ネットワークセキュリティの対策は?

ネットワークの境界で不要な通信を遮断すること、これも非常に大切な事です。
この場合、境界ルータなどを利用する事で内部への侵入を遮断できます。

適切な通信ができるようにファイアウォールを活用します。
どのサーバにどこからアクセスできればいいのか、これを把握しファイアウォールの設定を見直すことも重要です。

WEBサーバ、ウエブアプリケーションなどに対して不正通信を検知したり、入ってこないように遮断するなどが出来ているでしょうか。
WEBサイトに脆弱性があれば修正がすぐにできないこともあり、その間に攻撃を受ける可能性も秘めています。