知っていると得する!!webマーケティング

webマーケティングのこと、もっと知りたい

インターネット上でショッピングサイトなどを行う時、何よりも欲しいのはユーザーです。
とにかくショッピングのサイトへユーザーが集まってくれないことにはどうしようもありません。

ここで必要になってくるのがwebマーケティングの知識です。
しかしwebマーケティングの知識というと何をどのように勉強し活用すればいいのかわからないという方も少なくありませんし、だいたい、webマーケティングとはどういう事なのかという事が分らないという人も多いです。

webマーケティングとマーケティングの何が違うのか?

マーケティングとwebマーケティングの違い、それはいくつかあるのですが、まず効果測定性に違いがあります。
webマーケティングの場合、施策についての効果、費用等、数値で求める事が出来ますが、マーケティングはなかなか数値でその効果を理解することが難しいといわれています。

施策からどのような事を行うか、その決定から実行までwebマーケティングの場合は、非常にスピーディです。
素早く実行できるという事も、webマーケティングの特徴、魅力といえます。

予算が少ない状態で例えばサイトにお店を開きたいという時でも、通常の店舗を現実されるより費用がかなり少なく済みます。
ローコストでできるという事もwebマーケティングのよさです。

webマーケティングの手法とは?

webマーケティングでは手法が三つあります。
集客施策、接客施策、そして再来訪施策です。
集客施策はWEBサイトにどのくらいユーザーを集める事が出来るか施策します。

接客施策はWEBサイトでユーザーが購買、また問い合わせなどのアクションを起こしてくれるために何をすればいいのかという事を考えます。

再来訪施策は一度WEBサイトに来たユーザーに再度来てもらう、つまりリピーターにするための施策です。

こうしたウェディングの手法をうまく利用することで、顧客を集めて魅力あるサイトにし、何度でもサイトを利用してもらうことも可能となります。

webマーケティングでしておくべきこと

検索によって上位に食い込むためには、やはりSEOが欠かせません。
これは、検索エンジンを最適化することで、見やすく魅力あるサイトにできます。
即効性という面では少々劣る方法ですが、長期間、流入を増加させることができる方法として、多くの方が行っています。

リスティング広告を利用するという事もwebマーケティングの手法です。
料金を支払う事で検索上位に行くことができますが、それに合わせてSEOを行い、即効性と長期を兼ね備えたサイトに仕上げます。
リスティング広告とSEOをあわせたことをSEMといいます。

フェイスブックなどのSNSを企業が利用することでも、幅広いユーザーにアピールできるようになり、広告効果はかなり高いといえます。

コストがかかるけれどユーザー誘導に魅力的なオフライン施策

雑誌や新聞、テレビなど広告できる媒体を利用して大々的に広告を打つことで、費用は掛かりますが、一気にユーザーを多くできるというメリットがあります。

メディアなどで広告を積極的におこなう事で全国区の知名度となったサイト、企業も少なくありません。
コストを考えると他の方法を考えることもできますが、効果的といえばかなり魅力的な方法です。